勃起力が戻った!わたしが中折れを治すために食べた物はこれ!

中折れを改善するために効果的な食べ物を紹介します。牡蠣、レモン、レバー、チーズ、亜鉛などがポイントですね。
MENU

勃起力が戻った!わたしが中折れを治すために食べた物はこれ!

 

男なら、誰しもいつまでも現役でいたいものです。しかしながら、現代のストレス社会においては、なかなか思うような性生活を送ることが出来なかったりするんですよね。

 

かくいう私も、仕事上でのストレスや悩みが原因となって、一時期アソコが機能しなくなったことがあります。

 

いわゆる中折れという症状で、行為の最中に突然萎えてしまったのです。
こんなことは人生で初めてだったため、それはそれは焦りましたよ。

 

でね、その日を境にして、性欲がどんどん減退していき、いつの間にか性に対して、どうでもいい、と言ったらちょっと大げさですが、とにかく(性よりも)他の事を優先するようになってしまっていたのです。

 

10代、20代の頃はあんなにも性に対して貪欲だったのに、それこそ、1日に何回戦でもできていたのに・・。
とまあ、若い頃を思い返していくうちに、さすがにこのまま放置するわけにはいかないと感じるようになりました。

 

そりゃあ、もちろん自然に中折れが改善され、性欲が復活するのが一番いいとは思うのですが、もしかすると、早めのうちに何かしらの対策を講じておかなかければ、今度だんだんと改善が難しくなっていくかもしれません。

 

そう考えると、このまま放置しておくのがちょっと怖くなってきたんですよね。
それに、冒頭で述べた通り、男ならいつまでも現役でいたいと思うのが、ある種当然の事(欲求)であり、これをおろそかにしてしまっては、男としての存在価値さえも失われてしまいかねません。

 

というわけで、自分なりにいろいろと調べて、中折れ対策に乗り出すことになりました。
そんな中、個人的に一番効果を実感しているのが、食生活の改善です。

 

 

私がした中折れ対策の食事とは?

 

日頃からバランスのとれた食事を心がけ、体の内側から症状を改善してくことにしました。
これがねえ、思っていた以上に効果的だったのです。

 

正直言って、食生活を改善するだけで、ここまでの改善があるとは思ってもみなかったので本当に驚きましたし、改めて人間にとって「食」というのは大切なんだなと実感させられました。
では具体的にどういった食べ物を摂るようになったを説明します。

 

 

中折れに効果的な食べ物

 

まず、中折れに大変効果的な成分として「亜鉛」が挙げられるのですが、これを多く含んだ食べ物を積極的に摂取するようになったのです。
すると、みるみるうちに症状が改善していきました。

 

今ではそれこそ10代や20代の頃のような恥ずかしい(どうしようもない)くらいの性欲が復活し、無事に(中折れすることなく)フィニッシュまで至れるようになりました。

 

ちなみに、亜鉛を多く含んだ食べ物とは、例えば牡蠣やレバー、チーズなどが挙げられますが、個人的には「牡蠣」がすごくおススメです。

 

というのも、牡蠣に含まれる亜鉛の量は他の食べ物と比べると、桁違いだからです。100グラム当たりで言えば、牡蠣に含まれる亜鉛の量は、レバーのそれと比べておよそ2倍もの差が生じるのです。

 

 

あとね、牡蠣を食べる際に、レモンを絞る事でより一層、効果的な亜鉛摂取が可能となるのをご存知でしょうか。
実は、レモンに含まれるビタミンCは亜鉛の吸収を高めてくれる効果が期待できるのです。そのまま牡蠣を食べるのも十分に効果的な亜鉛摂取法ではありますが、どうせならより効果的な摂取法を試すべきです。

 

これがもしも、特殊な調理法であったり、手に入りにくい食材を合わせなければならなかったりすると、面倒に感じるでしょうが、レモンを絞るだけなら、誰でもできますし、スーパーやコンビニで簡単に手に入りますからね。

 

試す価値は十分にあるかと思います。とまあ、いずれにしましても、中折れを改善したいと考えているのならば、食生活を見直すとともに、亜鉛を多く含んだ食べ物の摂取を強く提案したいと思います。その際には、牡蠣とレモンの食べ合わせをぜひとも取り入れてみてください。

 

 

 

 

関連ページ

へーそうだったんだ!あなたの知らない中折れの原因とは?
ペニスの中折れの代表的な原因についてお伝えします。心因性、機能的なもの、間違ったマスターベーション、加齢など理由は様々です。
勃起のセオリー!中折れと男性ホルモンの関係性とは?
勃起をするのには、男性ホルモンが欠かせないってことはセオリーになりつつあります。それは、中折れの場合も然りです。ここでは、中折れと男性ホルモンの関係について紹介します。

中折れについて

中折れを治す方法

お役立ちメニュー

このページの先頭へ
FX業者選び